地球上には4000種類を超える鉱物がありますが、「宝石」と呼ばれるものはほんの100種類ほど。宝石ができることは、地球の起こした奇跡と言っても過言ではないでしょう。

今回は都道府県別にどのような宝石が発見されるのか、シリーズでご紹介します。

宝石の原石が生まれる鉱物

これらの条件を知ることで、宝石の成因やその大地の成り立ちに思いを馳せることが出来ますね。

ちなみに原石は研磨処理などされていないので、素人目での判断は困難です。

⚠️ 採掘の際にはルールを守りましょう ⚠️

山形県で採れる石

山形県は周囲の県と比較して、鉱物のイメージがないかと思われます。

その理由として、鉱物の産出があまりなかった事と、鉱物に関する研究自体も、他県と比べると非常に少なかったことなどが上げられます。けれども過去の文献を要約しますと、報告されている鉱物は約200種類あります。

鉱山業が盛んだった時代には、各地の鉱山から立派な鉱石標本も産出していました。また、日本の新鉱物や国内でも珍しい希産鉱物など、大変珍しい鉱物も発見されています。

また山形を代表する最上川の源流の一つである、中津川をはじめとした白川、広河原川の河原ではジャスパー(碧玉)、メノウ、玉髄、パイライト(黄鉄鉱)などが拾うことができ、上流には湯ノ沢鉱山跡があるため、そちらでも鉱物を含む石が見つかることもあります。

採取地域鉱物の種類
西田川郡温海町鬼坂峠ジャスパー
西置賜郡最上川支流、実渕川上流ジャスパー
西置賜郡小国町十四ヶ森、小阿弥院カルセドニー
西置賜郡飯豊町中津川ジャスパーメノウ玉髄パイライト(黄鉄鉱)

鉱物展示のある博物館

▶️ 山形県立博物館

山形博物館では教科書や図鑑に記載されているような化石や岩石、そして鉱物の実物標本が展示されています。収蔵資料はホームページからも閲覧可能です。