スペサルタイトガーネットの基本情報

名称スペサルタイトガーネット
鉱物種スペサルティン・満礬石榴石(まんばんざくろいし)
硬度7-7.5
産地ドイツ・ ナミビア ・ マダガスカル など

スペサルタイトガーネットの特徴

ガーネットは単一種ではなく、30種余りの異なる化学組織の鉱物の仲間の名称です。
大きく分けると、主に2系統。

【パイラルスパイト系(赤系)】アルミニウムを含むアルミニウムガーネット

【ウグランダイト(緑・茶系)】カルシウムを含むカルシウムガーネット

そこからさらに3種類に分かれ、パイラルスパイトはパイロープガーネット、アルマンディンガーネット、スペサルティンガーネット(スペサタイトガーネットともいいます)、ウグランダイトはグロッシュラーガーネット、アンドラダイトガーネット、ウバロバイトガーネットに分かれます。

この6種類が宝石として扱われる主な鉱物だとされています。

さらにガーネットは “2つ以上の鉱物が溶け合って混ざり合う” 【固溶体】も存在します。

たとえば、
パイロープ+アルマンディン→ロードライトガーネット
パイロープ+アルマンディン+スペサルティン→マラヤガーネット
グロッシュラー+アンドラダイト→マリガーネット

など。

まだ私たちの知らないガーネットが出てくる可能性も大いにあります。そう思うと、とっても楽しみですね!

ガーネットの名前の由来ですが、結晶の形がザクロの実に似ていることから、“granatum/グラナートゥム”(ラテン語で種子の意味)から、といわれています。

和名でもザクロ石といいます。

スペサルティンガーネットは鮮やかなオレンジカラーが印象的な宝石です。

上記で説明したように、アルミニウムガーネットの一種です。

ドイツ・バイエルン州のシュペッサルト郡にて発見されたことから、スペサルティンガーネットと命名されたといわれています。

他のアルミニウムガーネットに比べると、宝石に向いたものが少なく、特に透明度が高く粒が大きいものは、あまり市場に出回らないといわれています。

スペサルティンガーネットの中でも特に深いレッドオレンジをしたものをタンジェリンガーネットといい、イエローオレンジのものをマンダリンガーネットといいます。

カラーバリエーション豊富なガーネットの中でも、スペサルティンガーネットは個性がひときわ際立ちます。

6月26日の誕生石とされています。

スペサルタイトガーネットの石言葉

  • 不言実行
  • 活力
  • 根気

こんな人におすすめ!

  • 不言実行型の人間になりたい
  • 活力いっぱいに生きていきたい
  • 自分の欲求を肯定したい
  • 困難に屈しない精神を育みたい
  • 愛情深く魅惑的な魅力をもちたい

スペサルタイトガーネットの楽しみ方

前に元気よく進みたいなら揺れるタイプのイヤリングにしてみてはどうでしょう。

動くたびにオレンジ色が輝けば、周囲の人にも明るい印象が残ります。

相性の良い石

大切な人との絆を高める……スペサルタイトガーネット×ガーネット
ネガティブ思考をポジティブに変える……スペサルタイトガーネット×アマゾナイト
意志を強くする……スペサルタイトガーネット×ダイヤモンド

スペサルタイトガーネットの浄化・お手入れ方法

太陽光の紫外線を苦手としているため、明るい時間帯においては太陽光があたらない場所に置くようにしましょう。月光とは相性がいいので、寝ている間に浄化を済ましてしまう手も。しまうのを忘れて朝日にさらさない様にしてくださいね。

浴水太陽光月光セージクリスタル
浴水
太陽光
月光
セージ
クリスタル